No.998への返信

名前 *
タイトル *
MAIL
URL
画像
本文 *
パスワード
cookie
   

*項目は必須入力項目です。アップロード画像 = GIF/JPEG/PNG限定 : サイズ上限300KB

[ 返信 ]

---老境---

肌合いの違う人間は敬して遠避け、
気のおけない友人と呑む酒ほど、うまいものは無い。
残り少ない”持ち時間”、つまらぬものに当てる余裕はない。
〔酒は憂いの玉箒(たまぼうき)〕
〔Invino Veritas〕(酒のなかに真実はある)だ。

老人の世界は始めての経験である。
老いを老いとして享受する心境はすでに持っている。

と、ここでお気に入りの江戸川柳が顔を出す。
〔ご隠居の・初ものごとに・いとま乞い〕だ。
何もかもがこの世での見納めと思えば楽しみは濃密になる。
これまでどおり、四季の遊びをこなし、老若問わぬ善き友人たちと
旬の肴(初もの)で宴をはり、人生の”夕映え”を穏やかに?・・・と、
参る所存。

アル中(世間が認定)老愚のゴタクであります。

[998] Be-bop (2015/07/07 Tue 22:53)